シロアリ駆除では間に合わない!深刻なシロアリ被害に対する解決方法

シロアリ被害の恐ろしさ!駆除をしても家の状態は元に戻らない

シロアリ駆除を必要としない家にするためにできること~床下のつくりに注目~

建て替えのシロアリ対策ポイントは床にある!

シロアリに強い家にするためのポイントは、ずばり床下の対策。建て替え時に床下のつくりをどうするかによって、必要な対策は変わってきます。ここでは、床下の種類と必要な対策を紹介していきましょう。

床施工ごとの対シロアリ効果

まず、床下を土壌にする場合。これはしっかりとシロアリ予防対策をする必要があります。シロアリは土の中に巣をつくる性質がありますので、床下が土壌であるとどうしても被害を受けやすいのです。業者に依頼して、シロアリが侵入してきそうな箇所に薬剤の散布、もしくは毒エサをしかけておくことでしっかりとバリアを張っておきましょう。次に、防湿コンクリートにした場合ですが、これも予防対策をしておく必要があります。床下をコンクリートにしてしまえばシロアリは這い上がってくことができない上、防湿タイプなのになぜ予防対策が必要なのか。それは、将来コンクリートにひび割れが発生する可能性があるからです。体の小さなシロアリはわずかな隙間でも通りぬけてしまうことができ、あっという間に自宅へ侵入してきます。そのため、土壌と同じようにあらかじめ予防対策をしておくのがおすすめなのです。最後に、ベタコンの床下ですが、これは最もシロアリが侵入してきにくい床下であると言えるでしょう。外基礎と内部のコンクリートとなる面を一気に固めるという工法なので、ひび割れが発生する心配がほとんどなく、シロアリも侵入してくることができないのです。ただし、羽アリなど床下から侵入してこないシロアリもいますので、まったく予防対策をしないというのはおすすめしません。シロアリが発生してしまってから駆除をするよりも予防対策をしておいた方が費用も安いですし、何より建て替えたばかりの家をよい状態でキープすることができます。建て替えをする際には、シロアリが侵入しにくい床下を選び、予防対策をしておくことで新しい家をしっかりと守れます。

TOPボタン