シロアリ駆除では間に合わない!深刻なシロアリ被害に対する解決方法

シロアリ被害の恐ろしさ!駆除をしても家の状態は元に戻らない

シロアリ駆除だけでは解決できない被害の対処法二つ

建物のシロアリ被害が大きい場合に対して効果の高い対処法である建て替えですが、その際にしっかりシロアリ駆除や対策をしておかなければ二の舞を演じることになります。シロアリ駆除業者を利用する際は、保証なども含めて時間を掛けて選ぶようにしましょう。シロアリ駆除や対策がずさんであると、せっかく建て替えた新しい家もあっという間にボロボロにされてしまいます。中には建て替えからたった半年で、再び家が食い荒らされてしまったというケースもあるので注意が必要でしょう。実際にシロアリによる被害を受けた建物は多く、大きな問題になっています。 "

シロアリ駆除や対策をして建物のリフォームや建て替えを検討するのであれば、解体前にシロアリ駆除業者に相談するのが正解です。なぜなら、解体前の方が巣の場所などを特定しやすいためです。特に、地中深くに巣をつくるイエシロアリの場合は、解体した後だと巣の場所を特定しにくくなってしまいます。ここで徹底的に駆除と処理をしておかないと、建て替えたばかりの家をまたシロアリに食い荒らされるという悲劇に見舞われるかもしれないので早めに依頼しましょう。

シロアリが発生している場合、大抵の場合はシロアリ駆除すれば解決します。しかし、その被害があまりにも大きい場合には、リフォームや建て替えでなければ対処できないこともあるのです。

ふと自宅の壁を見ると、うごめく虫の大群が…という経験はありませんか?これは、羽アリが大量発生してしまっているときに見られる光景です。実は羽アリにも種類があり、もしそれがイエシロアリであった場合にはかなり厄介です。というのも、イエシロアリは土の中に巣をつくる習性があり、巣が地中深くまで根付いてしまっていることが珍しくないためです。家を食い荒らすシロアリですので発生を確認したら駆除が必要なのです。このような巣のつくり方をするために、単純な建て替えだけでは効果が薄くなります。自宅で羽アリが発生していたら、自宅の敷地内に巣があるものと思って建て替えと同時にできるシロアリ駆除と対策を考えておきましょう。

TOPボタン